岡田将生、志尊淳、平手友梨奈「さんかく窓の外側は夜」はいつからでロケ地も!

映画

岡田将生さんと志尊淳さんのダブル主演で、
映画「さんかく窓の外側は夜」を制作されることとなりました。

 

平手友梨奈さんはキーパーソンの役割を演じるようです。

 

岡田将生さんと志尊淳さんの二人が、平手友梨奈さんと演技合戦を繰り広げる模様です。

 

この記事では映画「さんかく窓の外側は夜」のあらすじといつから公開で、ロケ地はどこかについて案内していきたいと思います。

「さんかく窓の外側は夜」のあらすじと公開日

2020年10月30日全国公開予定です!

【あらすじ】

本屋で働く三角康介(志尊淳)は、小さな頃から幽霊がみえる。

ある日、店に除霊師・冷川理人(岡田将生)がやってくる。

「私といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角康介(志尊淳)は冷川理人(岡田将生)と除霊の仕事をすることになる。

ある日、二人は刑事の半澤(滝藤賢一)より1年前に起きた連続殺人事件の捜査を協力してもらえるよう頼まれる。

調査をはじめた二人は、遺体を発見する。

その遺体には呪いがかけられていた。調査する二人にきこえてくる死んだ殺人犯の声。

「ヒウラエリカにだまされた」

ヒウラエリカとは、誰なのか?ヒウラエリカの目的はなんなのか?

三角康介(志尊淳)と除霊師・冷川理人(岡田将生)の二人は事件を解決することはできるのか?

ロケ地はどこ?

三角康介(志尊淳)の働く本屋:「青馬堂書店(せいまどう しょてん)」

●青馬堂書店本店
・神奈川県横浜市鶴見区矢向6-12-11
・営業時間 10:00~24:00(年中無休)

あとは詳しい場所はわからないのですが、栃木県足利市と関東近辺で撮影されたようです。


【無料試し読み】さんかく窓の外側は夜 (クロフネコミックス)


さんかく窓の外側は夜 コミック 1-7巻セット

まとめ

原作の漫画は100万部をこえるヤマシタトモコさんの作品です。

実写化がどのようになるのか楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました