新型コロナ犬猫への影響、香港ペット陽性反応!飼い主が新型コロナ感染時の対応について

生活

小学校・中学校・高校が春休みまで臨時休校となりました。未知のウイルスの出現で日本中、世界中がざわついています。

犬や猫を飼っている方は、人から感染するのか?心配になりますよね。

この記事では、新型コロナは犬や猫にうつるのか、万が一飼い主が新型ウイルスになってしまった時の対応をどうすればいいのかをまとめてあります。

新型コロナは人から動物へ感染するの?

香港で、新型コロナウイルスに感染した患者のペットの犬から、新型コロナウイルスの「弱い陽性反応」がでました。

犬が本当に新型コロナウイルスに感染しているのか、それとも、その家に存在した新型コロナウイルスが付着して陽性反応がでた環境汚染による「陽性反応」だったのかを確認するため、香港農業水産管理局(AFCD)は、2月26日~3月2日にかけて繰り返し検査を行いました。

犬の口や鼻からは弱い陽性反応が繰り返しでたとのことです。

このため専門家の意見も踏まえて検討した結果、犬は新型コロナウイルスに人から感染したのではないかとみられています。

この犬は、新型コロナウイルスとみられる症状はでていないとのことです。

香港政府は引き続き検疫施設で、経過観察しウイルスが陰性になるまで隔離する予定です。

世界保健機関(WHO)のウェブサイトによると、ペットの動物が新型コロナウイルスに感染した例は確認されていません。

犬にも、猫にも、以前からコロナウイルス感染症はありますが、犬のコロナウイルスは犬でのみ、猫のコロナウイルスは猫でのみ、2019 n-CoV 新型コロナウイルスは、ヒトの間でのみ感染します。

新型コロナウイルスが、ヒトからペットに移り、ペットは発症しないがウイルスを所有し、次のヒトに伝染させることを「ペットの媒介」といいますが、今のところは否定されています。

ただウイルスは、まれに突然変異を起こし変化します。将来的にはどうなるかはわかりません。

もしかしたら、うつるかもしれないという可能性も視野にいれて、ペットとの生活をしましょう。

香港政府は、ペットを飼っている市民に対し、動物を触る際にはよく手を洗うこと、清潔な環境を保つこと、体調の悪い人は接触を控えること、過剰に心配してペットをすてないように求めています。

ペットはあなたの大切な家族です。最後まで大事にそだてましょう。

飼い主が新型コロナに感染した時の対応について

万が一飼い主が新型コロナにかかってしまったときは、犬や猫との接触は避けマスクを着用しましょう!

ウイルスが突然変異をおこすかもしれないことと、
いくつかのタイプのウイルスは動物に病気を起こしま

それらをふまえて、動物との接触を避けるようにしましょう。

飼い主が新型コロナウイルスに感染して入院する場合、ペットを自宅に残して、知人などにペットの世話を依頼するのもやめましょう!

依頼先から感染する恐れがあります。

ペットを外部に預けるようにしてください。預けるときは事情をきちんと説明しましょう。

ペットが感染者と濃厚接触した後に体調が悪くなった場合

動物病院に連れていく前に、必ず事前に電話をして事情を説明してください。

まとめ

•香港で、新型コロナウイルスに感染した患者のペットの犬から、新型コロナウイルスの「弱い陽性反応」がでた。

•ペットの媒介は、今のところは否定されている

ウイルスは突然変異をおこし変化する

•飼い主が新型コロナにかかってしまった時は、ペットとの接触はさけ、マスクをする

飼い主が新型コロナウイルスに感染して入院する場合、ペットを自宅に残して、知人などにペットの世話を依頼するのはやめる

•ペットが感染者と濃厚接触をしたあと、体調が悪くなったら、病院へ連れていく前にその病院へ電話をして、事情を説明する。飼い主もマスク着用や手袋をするなど接触をしないように気を付ける

この記事は北海道獣医師会、東京都獣医師会のホームページを、参考にさせていただきました。

こうゆう非常事態の時こそ、まわりの人々と協力し合い助け合っていきたいと思います。事情がコロコロかわるため、最新情報を得るように常にアンテナをはり、万が一の事態を想定して行動するようにしましょう。

十分にお気をつけください。

記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました