坂口有望の大学や出身中学・高校を紹介!身長や彼氏についても

エンタメ

坂口有望さんの大学や出身中学・高校について、身長や彼氏についてもご案内しています!

坂口有望の大学、出身中学と高校

 

坂口有望さんは大阪の中高一貫の大阪女学院中学、高校出身です。

大阪女学院というと偏差値(65~69)の高いお嬢様学校ですよね!そして、女優の北川景子さんの出身校でもあります。

中学3年生の時に、音楽活動に理解のある高校へ進学するか迷ったそうですが、勉強と音楽活動の両立を目指して、大阪女学院高等科へすすんだそうです。

楽な方へ流されず、努力を惜しまぬ姿勢が素晴らしいですね!

そして大学は立教大学ではないかと思われます。

公表されていませんので、もし間違えていたら申し訳ないです。

ただ東京の大学で英文学を学んでいるのは間違いないようです。英文学を選んだ理由はこれから先、英語の歌詞をかく予定なので、勉強をしたいという思いからだそうです。

大阪からでてきて、東京で一人暮らし。アルバイトはせず、週末はよく地方にでかけているとインタビューで答えていました。

大学ではシンガーソングライターとして活動していることはあえて公表していないそうです。

坂口有望の身長や彼氏、プロフィール紹介

坂口有望さんの身長は、148cmです!

小柄なんですね!

身長が小さい人は、すごく元気だときいたことがあるのですが、まさに有望さんはそのタイプなのではないかと思います。

そして、気になる彼氏ですが、ごめんなさい・・・、わかりませんでした。ツイッターなどをみていると、男の子のお友達は沢山みえるのかなあと思います。

高校2年生の時は彼氏がいないのに、夢の中で9股される夢をみたとつぶやいています。したがって、高校2年生の時はいなかった模様。

小学4年生からビッグになると、目標を決めて中学では路上での弾き語り活動、そして高校2年生でメジャーデビュー。自分で決めた道を努力し、行動にうつしていくことはなかなかできません。

そして、ビッグになる!成功する!と思うことが、有望さんを現在へ導いたのだと思います。

「高校とは違って、大学には全国各地から様々な学生が集まっていて、それがとても刺激になっています。いまは英文学の基礎を習っている段階ですが、この4年間で英文学を始め、いろいろな文学に触れて、それらを吸収し音楽に還元していく、そのような無限のサイクルを作ることができれば、表現者としてずっと続けていけるのではないかと思っています。

いま振り返ると高校時代は、自分が好きだと思えるものに出合うための準備期間だったように思います。私にとっては、それは音楽でした。ですから、高校生の皆さんには、3年間、いろいろなことにチャレンジしてみて、ぜひ自分の好きなもの、やりたいと思うことを見つけてほしいですね」

大学SELECTION 読売新聞大学特集:読売新聞オンラインより引用

坂口 有望さんの好きなもの:ポテト、クリープハイプ(日本のバンドグループ)

嫌いなもの:鳩

坂口有望の曲「セントラル」紹介!

TVアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の10月クールエンディングテーマ「セントラル」

坂口有望さん コメント
新曲「セントラル」について
小さい頃から、3つ離れた兄の影響で、NARUTOについて、よく熱く語り合っていました。ボルトに受け継がれた今も、わたしの身近にある存在です。そんなアニメのエンディングを担当させて頂けること、本当に光栄です。ボルトの、無鉄砲で打たれ強いというイメージを曲に込めました! 「セントラル 目を奪いに走る」という歌詞は、台風の目に向かって突っ込んでいくような彼の肖像です。放送が楽しみです!
引用元 BARKS

伝えたいことがいっぱいある!という気持ちがエネルギシュな歌声から伝わってきます。

小さいけどパワフルな坂口さん。これから間違いなくもっと人気がでてくるのではないでしょうか。うちの中学生の娘が、今まさにはまっています。

大学で英語の勉強をしているとのこと。英語の歌詞をかいて、世界中で坂口さんの歌声がきこえるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました