半沢直樹と大和田常務共闘!「おしまいです」名言・セリフまとめ

ドラマ

半沢直樹と大和田常務が共闘する展開となってきました!そして大和田常務名言も回を増すごとに話題になっています。!第一話から大和田常務の名言を振り返ってみたいと思います!

大和田常務セリフ名言まとめ

前回シリーズで「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」といっていた大和田常務。

とても衝撃的な言葉でしたが、今作はもっとブラッシュアップされています。
振り返ってみたいと思います!

第一話

【7/19放送第一話】
「やられたらやり返す、ほどこされたらほどこしがえす。恩返しです。」

『施す』の意味
恵まれない人に物質的な援助を与える。あわれみの気持ちで、人が困っている状態を助けるような行為をする。恵み与える。
前回シリーズで半沢直樹に土下座までさせられ、倍返しされた大和田が、半沢直樹に久しぶりにあい、頭取の恩情人事にたいして感謝の気持ちをのべているシーン。

第二話

【7/26放送第二話】

「君はもうおしまいです(DEATH)」

東京セントラル証券の親会社・東京中央銀行の伊佐山によびだされた半沢と行内で出会い、

大和田「責任を取らされて、飛ばされるそうじゃないか。一度ならず、二度までも出向とは、君も運のない男だ。何なら私が何とかしてあげようか。私から人事に口を効いてやってもいい。君の態度次第だがね~」

半沢「お心遣いありがとうございます。ですが、お断りいたします。自分の身は自分で守ります」

半沢直樹に顔を近づけて
大和田「はい残念でした。そんなものは守れません。組織に逆らったらどうなるか君が一番よく分かっているはずだ。私はどんな手を使っても生き残る。君はもうおしまいです。お、し、ま、い……です!」の会話より

 

第四話

【8/9放送第4話】
「死んでも嫌だねーー!」

東京中央銀行の伊佐山は、スパイラル株を買収するために電脳雑伎集団に東京中央銀行より500億円の追加融資をうける話をもちかける。それを阻止しようとする半沢直樹は電脳雑伎集団の収益に不当な報告があることに気付く。

半沢は、電脳雑技集団の会計・玉置に直接話がきけないか画策するが、玉置は電脳雑技集団の経営者により口封じのため、会社をおわれて行方が分からない。

絶体絶命の半沢直樹は、最後の望みを掛けて大和田に会いに行く。

大和田「半沢君、私は銀行の人間ですよ。子会社の君なんかに力を貸すわけないでしょう。ましてや、おまえなんかと誰が手を組むか!死んでも嫌だねーー!帰りなさい!負け犬、半沢直樹君!」より

第六話

【8/23放送第6話】
「銀行沈没、頭取も沈没」
言いながら、椅子にドスンと座る。

大和田「もっと銀行全体を見なさいよ。今回の件で万が一うちに落ち度があったと判断されれば、金融庁から業務改善命令が出されることは避けられないんだ。そうなったらうちは沈没だよ! 銀行沈没!」

大和田「君のことを信じてこの再建を任せてくださった頭取を窮地に陥れることになるんだぞ。頭取も沈没(チンヴォツ)!」

第七話

【8/30放送第7話】

「絶対に絶対です・です・ですです・death!」

債権放棄を促すよう半沢直樹に発言する大和田。

 

半沢、大和田が交互に「さぁ、」「さぁ、」「さぁ!」「さぁ!」

大和田 「さささぁ~~、さぁさぁさぁ!!どっちだぁ?!」

 

どんどんアクションが派手になってきていますね!

次の放送でも名言が飛び出すでしょうか?楽しみです!

こちらの記事もよろしければご覧ください!

伊勢志摩空港【半沢直樹】は実在する?撮影場所ロケ地はどこか判明!

半沢直樹アンジャシュ児嶋の役は?結婚式に渡部を呼ばなかった理由も

半沢直樹の白井亜希子役(江口のりこ)は結婚してる?双子の姉がいる?

半沢直樹の香川照之(大和田)と市川猿之助の関係はいとこ!?家系図も

コメント

タイトルとURLをコピーしました